FC2ブログ

砂漠格闘家の野望 【黒い砂漠ブログ】

【なげぇから】スタック134で真5オピン挑戦!【分割】

タカシ「死ねぇええええええええ!」

思えば、復讐はガキの頃から始まっていたのだ。






俺の親父は真5ダンデと補助武器を2つ持っていた。


親父が常に言葉にしていたことがある。

「強い者は迷わない。躊躇への1秒が強さへのブレーキだ!」

あの真5がいつ完成したのかは分からない。しかし俺はそのことが誇らしかった。



中学生の頃、異変に気付く。

パチスロ店を通りかかった時、全てを知った


20181009212049.jpg

親父は一切働いていない。
真5武器をコンプリートさせる!それを理由に外出し資金増額のためギャンブル三昧だった。

資金源は母の労働。かなり過酷なことを知る。

アルティノからバレンシアまで貿易品を抱え、途中でガハーズや三日月で狩りを行う。一日10往復、狩り12時間という過酷なものだった。



15歳になった頃、母の過労死が告げられる。

母が残したものは真4愚鈍アーマー。親父はそれさえも売ろうとする。

親父「お前に俺の気持ちが分かるか!?金がない!資金が増やせない!真5に挑戦できない!愚鈍を売ってチープインパクト単勝に全てを賭けるんだよ!!!」

タカシ「今まで競馬で勝ったことねぇだろうが!パチンコに行けば50Mがチョコに!資産運用じゃ一日で5億を溶かす!いい加減にしろよ!」

親父は真5の暴力で殴り、蹴飛ばす。


しかし遺品である愚鈍だけは守り抜いた。母は言っていた。愚鈍真5を身につけたかったと・・・
葬式も開くことができない。だから石を積み上げただけのお墓に真5愚鈍をお供えしたいと思った。

stones-452498_960_720.jpg



手持ちのスタックは80が最高値。コツコツと真5を目指すしかない。
まずは挑戦したみた。


シュゴォオオオオオオオ・・・・・・・・・・・・・・・カァン!


通った・・・通ったああああああ!奇跡としか言いようがない圧倒的な奇跡。俺は真5愚鈍を抱きかかえて眠った。


翌朝、目が覚めると体が冷えていることに気づく。・・・愚鈍は?


・・・・あのクズ!!!

すぐに理解した。ちゃぶ台の上に、競馬新聞。チープインパクトの所に赤丸。時刻はもうレースが始まる頃だった。愚鈍がどうなったのか考える気力は無くなっていた。ラジオ中継に耳を傾ける。

競馬実況「さぁー来たぞ!先頭はチープインパクト!チープインパクト!あーっとしかしゴール手前でUターンッッ!」




この時、俺の中で殺意が爆発したのだ。殺す!あのクズをブッ殺す!
相手は真5武器装備。俺はプレイヤースキルを磨き真4大剣を突き刺す修行を開始した。

20160722-berserkmusou-13.png



時は満ちた。クズは今、砂漠にいる。

母の保険金で快適なオアシス暮らしをしている情報が手に入ったのだ。


怒り、憎しみ、全てを剣に込めて親父に突進した!

タカシ「死ねぇええええええええ!」


親父は刺さる寸前で俺の存在に気づく。その時の顔は、意外にも安堵の表情だった。


ドスッ!


刺さ・・・・・ってない!アバターの下には母の形見、真5愚鈍アーマーがあった。真4武器では真5防具を貫けない!

奇襲は失敗。俺は親父の真5武器にボコボコにされた。


親父「親に手をかける生ゴミがっ・・・砂に埋まってろ!!!」

2020-04-02_1688679776.jpg

動かない体を引きずられ、謎の黒い穴に放り込まれる。
もう復讐は叶わない。なぜクズが母の愚鈍を身に着けていたのか、それは今でも分からない。

砂に吸い込まれながらも一人の男を見つける。
彼は真5に挑戦しようとしているようだ。どうか成功して親父を殺してほしい・・・そんな淡い期待を込めて目を閉じるのであった。


~~続く~~




スタック134で真5オピンいけあああああああああああああ(゚Д゚≡゚Д゚)




2020-04-04_1866301598.jpg





シュゴォオオオオオオオ・・・・






2020-04-04_1866307829.jpg

ドゥン!!!

はぁあああぁもう奇跡起きてくれよもぉおおぉおおおおお(´;ω;`)

このままだと購入が先になってしまいそうですなorz

Comments 0

Leave a reply